MENU

銀行カードローンの審査

以前の銀行カードローンは審査が厳しく、申込をするにしてもある程度のステータスがなければ審査に通らないと言われていました。
最近はどこの銀行でも銀行カードローン商品を扱っています。

 

また消費者金融は総量規制で融資制限が設けられたため銀行カードローンの需要が増えています。
しかし、消費者金融に比べ審査は厳しいのか?申込みしたいけど借りれるか不安などの声を良く聞きます。
最近では銀行カードローンは大手消費者金融やクレジット会社が保証会社になり、それらの金融機関が審査をおこなうので、以前と比べて借りやすくなっています。

 

「銀行カードローン審査の条件をクリアする」

銀行カードローンは低金利で利用できるので、誰でも利用したいと思います。
最近ではパートやアルバイトをしているかたでも申込ができるので、借りやすくはなっていますが、申込にはまず申込条件をクリアすることが必要になります。
条件として「20歳以上65歳までの安定した収入が有る」なかには無職の専業主婦専用の商品を扱っている銀行もありますが、基本はこの条件のほかに「指定した保証会社の保証が得られるかた」となっています。

 

「より確実に審査に通るためには」

審査で落ちる原因のもっとも多いのが申込書の記入ミスや、記入漏れで、パソコンやスマホなどを利用してインターネット申込をしたときは、申込書で審査がおこなわれます。
店頭窓口から申込むときは、間違いに気づけばその場で訂正ができますが、申込書を送信してしまうと訂正ができません。
ウソを書いたつもりでなくても、業者側からすると「嘘の情報を書いている」と判断されることもあるからで、スマホなどで申込みをした場合、入力間違いが多発しやすいので、特に注意が必要になります。

 

銀行カードローンは年収による制限がないので、少しでも多く借りたいと思い、多額の借入希望額で申込みたい場合もありますが、初めて申込をするときは、控えめの金額で申込むのも重要になります。

「同時申し込みは避ける」

消費者金融のキャッシングでも銀行カードローンも同じですが、「どこでもよいから最初に借りられるところ」という思いで、一度に複数社へ申込をしてしまうかたもいますが、この同時申し込みをするとまず審査に通らなくなります。
審査をおこなう際、信用情報機関の個人情報でこれまでの実績を調べます。
金融機関は申込があったとき、リアルタイムで記載しているので、申込先など他社に借入を申込をしたことはすぐにばれます。
担当者は「他社にも申込をしているが、よほどお金に困っているか、何か問題がるのでは?」と疑われてしまい、ますます審査に通りにくくなるので、短期で複数社へ申込をすることは避けましょう。

銀行カードローンの返済方法

銀行カードローンでお金を借りると、翌月から返済から返済が始まります。
返済は口座振替や銀行振り込み、カードを使って提携ATMなどから返済ができるので、自分の環境に合わせた返済方法が選べます。
また、返済方式には一度で返済してしまう一括返済、決められた最低返済額だけの返済を続ける方法、毎月返済額に上乗せして支払う繰り上げ返済があり、返済方式によって利息の負担額が変わってきます。

 

「一括返済で返済する」

一括返済は文字通り、一度にまとめて返済する方式です。
借りた翌月に一括で返済することや、毎月の返済を続けながらお金に余裕ができたときにまとめて支払うということもできます。
一括返済で完済すれば翌月からは返済がなくなるので気分的に楽になります。

 

利息の負担を少なくするためにも一括返済が理想的ですが、無理をして一括返済で返済するとすぐに生活費が足りなくなり、あらためて借入をしなければならないということもあるので、一括返済をするにはタイミングが重要になります。

 

「毎月最低返済額で返済する」

銀行カードローンの返済方式として、もっとも一般的な返済方式です。
キャッシング会社のほとんどが「借入残高スライドリボルビング方式」という方法が使われています。

 

この方式は、借入残高によって毎月返済額が決まるという方法で、毎月返済額の中から最初に利息を引き、残ったお金が元金返済に充当されます。
借入残高によって決められた返済額で返済を続けていれば、いずれは完済できるという方法です。
毎月返済額は低めに設定されているので、毎月の返済は楽に続けられますが、そのために完済までの期間が長くなり、返済期間が長くなるということは、利息を含めた総返済額が増えてしまうので利息を減らすということはできません。

 

「繰り上げ返済で返済する」

繰上げ返済は、返済期間を短くすることができ、無駄な利息を支払わなくてもよいという方法です。
キャッシングの返済は毎月返済額以外に返済額を増やすことができます。

 

毎月返済額以上の返済金はすべて元金返済に充当されるので、返済期間を短くすることができます。
返済期間が短くなるということは、無駄な利息を支払わなくてもよいので利息と元金返済をあわせた総返済額が少なくなります。

 

普段は毎月返済額だけの返済を続け、今月の生活費が少なくて済んだ場合や、ボーナスなどの臨時収入があったとき、少しでも返済に当てることを続ければ返済期間を短くすることができるので、返済方法のなかでも無理なく利息を減らせる理想的な返済方法と言えます。